iPhoneやスマホで動画をアップロードするための必須アプリの紹介。

動画編集アプリ

iMovie

ムービーをYouTubeに投稿する前に撮影した動画を編集加工する必要があります。
iPhoneの動画編集の定番アプリiMovieは操作が非常に簡単です。

動画編集アプリではiMovieはダントツです。
残念ながらiOS用のアプリということでアンドロイドOSのスマートフォンでは使用することができません。
iMovie – Apple

MovieAid

アンドロイドスマホの場合はMovieAidがおすすめです。

その他様々な動画編集アプリがあるので自分に合ったアプリを探すと良いでしょう。

動画投稿用アプリ Capture

気に編集したアプリをYouTubeに投稿するための簡単アプリです。

Captureの使い方

使い方を簡単に紹介したいと思います。

欠点というか不満点の1つは予約投稿できないことですそれが改善されれば非常に良いアプリです。

YouTube Capture – Google, Inc.

アプリを起動した後、「すべての動画」を選択する。

アップロードする動画を選択する。

 

必要があれば選択した動画を編集する。
よければ「編集」の右側の矢印をタップする。

 

タイトルや説明文を入力し、アップロードする。

YouTubeクリエイターツール studio

投稿した動画を再生回数や再生時間などを確認できるYouTubeアナリティックスアプリです。
紹介したCaptureでは収益化ができません。
しかし、このアプリを使えば自分のチャンネルの確認分析だけでなく収益化も可能で、タグづけも簡単にできます。

このアプリの使い方はとても簡単です。
アプリを起動した後に収益化、タグ付けをしたい動画を洗濯します。
画面右上の編集ボタン(ペンのようなアイコン)をクリックするとタイトルやサムネイル、そして、タグや収益化の有無を洗濯できます。

使い方は簡単なので是非ダウンロードして試してください。

YouTubeクリエイターツール – Google, Inc.

まとめ

動画編集アプリ、動画投稿アプリ、YouTube分析アプリ、の3つのアプリを使用すればPCや高画質のビデオカメラがなくてもYouTubeで収益化し稼ぐことが可能となります。

とりあえず動画投稿を始めたい人にはオススメの3つのアプリの紹介でした。