YouTubeの規約改定により2018年2月20日以降、以下の条件を満たしていなければ収益化できない、つまりYouTubeの広告収入でお金を稼ぐことができなくなりました。
YouTubecreatorprogramから公式に発表されました。

  • 過去12ヶ月間4000時間
  • チャンネル登録者数1000人

1つの動画で何十万回も再生されているにも関わらず上記の条件を満たしていないユーチューバーが多数いると言われてます。
再生時間数をクリアしてもチャンネル登録者数を満たしていないYouTubeチャンネルが多数存在します。

動画再生回数が多いチャンネルは今後、良いコンテンツを生み出しファンを増やすことが大切です。

駆け出しユーチューバーにとって再生時間数とチャンネル登録者数の条件を満たすにはどのようにすれば良いでしょうか?

新たにYouTubeチャンネルを作った私がどのようにすれば条件クリア出来るか考えてみました。

幾つかに分けている専門チャンネルを1つにまとめる

タブレットでyoutube視聴

以前はリクス分散と専門性の高いチャンネルを作ることが推奨されていました。
日本の超有名ユーチューバーのヒカキンさんはヒカキンTVとヒカキンゲームズの2つのチャンネルを運営しています。

この事例は有名な話です。

しかしチャンネル登録者数と再生時間数をクリアするために専門チャンネルを別々に作るよりもまとめる方が条件達成が早くなります。
なぜなら1つのチャンネルにより多くの動画をアップロードするからです。

いくつかあるチャンネルを1つにまとめるという手法は上記のメリットがあります。

デメリットは「自分の思っていたチャンネルではない」と雑記チャンネルをユーザーに嫌がられる可能性があります。

参考
複数の専門チャンネルに分けて運営することのメリット

数人で1つのチャンネルを運営する

仲間でyoutube運営

友人や同じジャンルの動画投稿チャンネルを複数人で運営するというのも有効です。

同じ仲間が集まってYouTubeチャンネルを運営するのは楽しいです。
複数人でYouTubeチャンネルに投稿するとムービーのレベルアップにつながります。
お互いに切磋琢磨して動画投稿できるからです。

実はデメリットもあります。
収益化できたときに利益を人数分、分割しなければならないことです。

せっかく条件を達成できたにも関わらず仲間割れという結果に終わる可能性もあります。
事前にきちんとした取り決めが必要になってきます。

まとめ

ビデオカメラ

現時点では駆け出しユーチューバーにとって規約改定はかなり厳しい条件となっています。
コツコツとやっていけば規約改定後の条件をクリアすることはできます。
それに改定後の条件ぐらいクリアしないときちんとした収益は得られません。

条件達成するための有効な方法は結局毎日の積み重ねです。

動画撮影、YouTubeが好きならできるはず!!

頑張りましょう!!