YouTubeチャンネル登録者数で見るユーチューバーのレベルについて

YouTubeチャンネル登録者数ランキングレベルを紹介しました。
しかし、神レベルに到達する人はほんの一握り。
神どころか、1,000人以下のチャンネル登録者しかいないユーチューバーが圧倒的に多いです。

そこで、凡人でも到達できるレベルでチャンネル登録者数を考えてみます。
小さな数字から積み重ねることはユーチューバーになるための第一歩だと考えています。

そして、YouTubeの視聴再生回数を増やす、チャンネル登録者数を増やすにはどうすれば良いか考察します。

1,000人以下のチャンネル登録者数(subscriber)のレベルランキングを紹介

チャンネル登録者数999人以下のレベルランキング

  • 50人以下:YouTubeに投稿し始めた駆け出しユーチューバーレベル。
  • 100人以下:少し見られるようになってきた初級ユーチューバーのレベル
  • 300人以下:固定の視聴者を確保出来てきてきたレベル。
    1,000人以下の中では中級ユーチューバーレベル
  • 500人以下:固定視聴者以上の視聴回数を確保できている動画チャンネル。
    千人以下では上級者ユーチューバーレベル。
    300~500人の登録者数レベルになるとお小遣い程度の収入は確保できます。
  • 999人以下:かなりの視聴回数を確保できている超上級者レベル

1,000人以上はこちら

YouTubeチャンネル登録者数で見るユーチューバーのレベルについて

YouTubeで収入をゲットするには編集が必要

一度撮影、作成した動画はなかなか編集できません。
しかし、動画編集以外にも簡単にできる編集があります。
以下の編集によって高品質の動画であるにもかかわらず日の目を見なかった動画が注目を浴びるかもしれません。

設定していない項目があれば、ぜひ試して見てください。

タイトル変更

ブログと同じように人の興味を引くタイトル、しかもタイトルの中にキーワードを入れます。
これはブログ記事のタイトルと同じです。

どんな内容の動画か完分かりやすく、興味をそそるようなタイトルが必要です。
また、ブログ記事のアイキャッチ画像に当たるサムネイルを活用します。

クリックしたくなるような、見てみたくなるようなサムネイル画像を載せた方が動画を見てくれます。

タイトル、サムネイル画像と内容が一致する動画を作る事が最も大事です。

動画説明

動画説明はmeta descriptionに当たるのではないかと思います。
ここを空欄のままにしている人は以外と多いです。

動画説明欄に書いたワードは検索や関連動画に影響するとも言われているのでオレはいつも書いてきます。
無意味な文字の羅列はGoogleに嫌がられる可能性もあるので自然な感じの文章で書いた方が良いです。

キーワード

動画と関連したキーワードを入力します。
あまり多くキーワードを入れない方が良いです。

つまらないと思う動画は思い切って削除

動画をアップしたもののほとんど見られない動画があり、内容的にもつまらないと思うのであれば、タイトルなどの変更ではなく思い切って削除するべきです。
そうすることでより品質の良い動画のみ残って生きます。
動画をアップロードしておけばいつか何かで大当たりするかもしれないと考えるのはやめた方が良いですね。

その他

動画説明欄にキーワードのハッシュタグを入れて見る方法もあるようです。
ハッシュタグとは「#」の後にキーワードを入力するツイッターなどでおなじみのキーワード入力です。

FacebookやTwitterなどSNSとの連携することでアップした動画を拡散します。
特にツイッターは拡散されやすいと言われているのでオススメです。

雑記ではなく特化型動画チャンネルの方がおすすめ。
チャンネル数を増やすことはリスク回避にもなりますが、それ以外にも特化型のYouTubeチャンネルを作ることで視聴者の回遊率が上がります。
一つのチャンネルには同じテーマで動画を投稿する方が自分自身も区別ができて便利です。

まとめ

以上YouTubeチャンネル登録者数ランキングと少しても視聴回数を増やしてYouTubeで収入を得るためにできる簡単な設定の紹介でした。