当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます。

今回はYouTubeにアップロードした動画を少しでも多くの人に見てもらうための方法について紹介です。
視聴者が投稿した動画にたどり着くには幾つかの経路があります。
「視聴した動画の関連動画」、YouTubeトップ画面に「あなたへのオススメ」として表示される「ブラウジング機能」「外部リンク」など。

その中でもYouTube検索、これに焦点を当ててみたいと思います。

どうすればYouTubeの検索で自分の動画を上位表示することができるのでしょうか?

具体的な例をあげて紹介します。

動画に適したキーワードをタイトルに入れる

タイトルのキーワード

タイトルは当然、動画の内容によって決めます。
その動画タイトルにキーワードを入れることが重要。
キーワードはなるべく先頭に持ってくるとよいです。

動画のタイトルは短いほうがよい。
多くても33文字以内と言われています。

より細かな設定は説明文に入力するとよいでしょう。

人気ユーチューバーが「◯◯やってみた結果・・・」というふうなタイトルは元々多くのチャンネル登録者数を抱えているユーチューバーだからできること。

普通はキチンとなんの動画なのか?タイトルを明確に入力する必要があります。

より細かい説明文を入力する

動画の説明文

YouTubeにより正しく正確に動画を理解してもらうために説明文を書く必要があります。

動画の説明文を記載することは視聴者にとって動画情報の詳細がわかり、投稿者にとっても検索結果にも反映されやすいです。

関連するタグを入力する

関連ワードツリー

タグの重要性と他の動画投稿者、とりわけ人気ユーチューバーと呼ばれる人がどのようなタグ付けをしているかは以下の家事をご覧ください。

自分が動画投稿する際に毎回同じタグを使用する「固定タグ」を用意するとよいです。

自分の動画を見てくれた時に表示される「関連動画」が自分の動画になりやすいと言われています。

タグは20ほどが目安と言われています。
また関連性の薄いタグを入力しすぎると、YouTubeからペナルティを課される可能性もあると言われているので注意が必要です。
SEO対策のプロも愛用。検索順位チェックツールGRC

まとめ

関連ワード

YouTubeは動画投稿サイトというだけではなく検索エンジンという一面もあるんですよ。

Googleは2018年の段階では画像を認識できません。
画像に関連付けされた説明「alt属性」で認識されます。
動画も同じです。
動画に関連付けされた文字で認識しています。

そのために動画のタイトルや説明文、タグは最重要なんです。

検索によって自分のコンテンツを上位表示させるようにする手法をSEO(対策)と言います。
YouTubeにおいてはタイトル、説明文、タグの入力が最大のSEO。

投稿した動画にあったタイトル、説明文、タグ付けすることによって上位表示することは重要なことです。

人気のあるキーワードほど検索上位に表示されるのは難しいです。

最初はあまり誰も使用していないキーワードで動画を作成し、動画投稿してみるのもおもしろいかもしれません。

慣れてきたらみんなが多く使用するキーワードで勝負してみてください。

段階を踏んで投稿。

投稿した動画が検索上位に表示されるには動画投稿数にも関係してきます。
よいコンテンツをたくさんアップロードして正しく正確なタイトルをつけてみてください。

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。