過去12ヶ月で視聴時間4,000時間、チャンネル登録者数1,000人というハードルで起きた現象

youtube

公式な記録はありませんが間違いなく動画投稿数、動画投稿者が減りました。

なぜ減ったと推測するかというと、地域のイベント動画投稿が収益化できているユーチューバー以外では見当たらなくなったからです。

その他、名所や観光地に出かけても説明しながら歩き回っているユーチューバーとおぼしき人が激減。

動画投稿数が減っているのではと肌で感じています。

ブログサイトやまとめサイトなどにも「廃業に追い込まれるユーチューバー多数続出!」という見出しが飛び交っています。

収益厳格化により動画投稿数、動画投稿者、ユーチューバーが激減しました!!

動画は記録

スーパースター

ただ単にお金儲けを考えるなら、動画投稿よりもコンビニエンスストアでアルバイトして自分の時間を提供した方がよっぽど稼げると考えています。
しかしユーチューバーで楽して稼ぐという一攫千金的な考え方をする人が多かったのが実情。

それに釘をさす形になったわけですが、動画、ムービーというのは本来、人が見て得をする、利益を得る、楽しむことができるというのが本質なはず。

人が見て不快になるような動画を撮って投稿するのはもってのほか。

では何を撮ればよいか?

それは「自分の備忘録のため」、「日々の日記的な動画」、「魚の釣り方」、「カッコいいダンスの踊り方」など誰かの役に立つための記録として動画を利用すればいいんです。

継続は力

毎日腹筋運動

決定的瞬間を動画撮影して100万回再生とかはめったに起こりません。

自分も数日で100万回再生突破という経験をしたことがありません。
すごいことですが、それだけではチャンネル登録者数1,000人に到達することは難しいです。

HikakinTV を運営している大人気ユーチューバー、ヒカキンさんは毎日決まった時間に動画投稿を行っています。

ありきたりですが、毎日の積み重ねです。

YouTubeで収益化したいなら毎日動画投稿して行って投稿しているジャンルの傾向を知り、対策を取って新たな動画を投稿。

そうすることで過去12ヶ月4,000時間、チャンネル登録者数1,000人を達成することができます。

続けることが大事です。

高いビデオカメラを購入してみるのも1つの手です。

ビデオカメラ代の元を取るつもりで毎日動画撮影、投稿する。

気がつけば動画投稿数が増えてチャンネル登録者数も増えている、という現象が起こります。

続けていれば人とつながる

人と繋がる

動画投稿を続けていけば自然といろんなコメントがつくようになります。

励ましのコメントやお礼のコメント、批判的なコメントなど。
私自身次に繋げることができるようにすべてのコメントを真摯に受け止め返信しています。

またユーチューバーとのコラボや新たなビジネスのお誘いがきます。

ネットで知り合い、リアルでビジネスするチャンスが増えてくる訳です。

それがたとえサラリーマンの副業で始めたYouTubeであったとしても、です。

まとめ

スマホで稼ぐ

とは言っても動画を投稿してお金を稼ぎたいですよね。
だってサラリーマンだもの。

お小遣い程度でもいいのでなんとかしたいと思っている人は多いはず。

別記事にてどうすれば高いハードルをクリアできるか具体的に書いていきたいと思っています。

最後まで読んでいただきまことにありがとうございます。