iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xで4K動画の撮影が可能。

またバージョンアップにより30fpsだけでなく60fpsも選べるようになっています。

4K画質で60fpsではどのくらいのデータ量になるか記事にしました。

4K画質30pfsで撮影した時のデータ量

iPhone 6s、iPhone 7でも4K動画が撮影できます。

それぞれ30fpsでファイルサイズは1分で350MB。

30fpsのfpsとはとはフレームレートのこと。

フレームレートとは?

動画で1秒あたり何コマの画像が入っているかということであり、fps(frames per second=フレーム毎秒)という単位で表します。

4K60fpsのデータ量はどのくらいか?

iPhoneXSでは60fpsで撮影できるようになりました。

1分動画で約400MBものデータ容量となります。400MBはかなり大きいです。

1分程度の動画を10本撮影すると約4GBものデータ量になるわけです。

まとめ

データ量が大きいので本体の容量を圧迫していきます。

iPhoneXSで4K動画を撮影する際には十分な容量を確保するか、データ容量の大きい256GB、512GBを購入した方が良いでしょう。