キューに追加済みでアップロードできない場合の従来の対処方法

以前紹介しましたが、iPhoneなどのスマホで動画を撮影した場合にWi-Fiが使えない野外の時にもその場で動画をアップロードできる便利アプリ「YouTube Capture」を紹介しました。

YouTubeの動画投稿、動画アップロードに必要な3つのアプリがあればPCやビデオカメラが不要

標準の動画撮影アプリや動画編集アプリ、アップロードした動画やチャンネルの分析ができるYouTubeアナリティクスアプリとともに紹介したYouTube Capture。

そのYouTube Captureを使用してYouTubeに動画を投稿する場合に「キューに追加済み」という表記が出てしまい、投稿できなくなってしまうエラーがよく発生していました。

キューとは一般的に待ち行列のことでダウンロードの順番待ち状態と言う意味になります。

対処方法は簡単でタイトルを28文字以内にして動画をアップロードすればよかったわけです。
過去形なんですよ。

現在「キューに追加済み」でアップロードできない理由

しかし、上の画像を見ていただけるとわかると思いますが、タイトルはわずか2文字しか使用していません。
ここ最近このような不具合が頻繁に起こっていました。

最初はiOSが古いバージョンのまま使用しているのが原因かと思いましたが、他にも理由がありそうなので紹介します。

CaptureがApp Storeから消えている

現在YouTube CaptureはApp Storeで販売されていません。
問い合わせのウェブサイトも閉鎖されています。

海外ではわかりませんが、日本ではすでに販売中止、もしくは販売終了したようです。

それに合わせてサポートや不具合の対処、バージョンアップなどは行われなくなったと考えられます。

その他のアプリで代用できるようになった

以前はYouTube純正アプリではできなかった動画投稿も今では可能になっています。

また、iPhoneの純正写真アプリ「写真」からも動画が投稿できます。

Captureだけに頼っていた動画投稿が今ではさまざまなアプリで可能になりました。

YouTube – 見て聴く
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: 無料

YouTubeアップロードできるアプリ

先ほど紹介した純正YouTubeアプリとiPhoneの純正アプリ「写真」を使用したYouTube動画投稿方法を近いうちに紹介します。

まとめ

他の人に確認はとっていませんが、かなり使い勝手の良かったYouTube動画投稿アプリ「Capture」は長い役目を終えてひっそりと消えていった印象です。
そしてそれに変わって別のアプリで動画投稿ができるようになっています。
最初のうちは使い勝手と寂しさを感じますが、そのうち慣れてくるでしょう。

YouTube Captureが使用できないのは私だけかもしれません。
実際にはまだ使えるアプリかもしれませんが、iPhoneで動画をアップロードする際はCapture以外のアプリで投稿していきます。