小学生の「なりたい職業ランキング」で上位にランクインするほど人気職業の一つとなった「YouTuber(ユーチューバー)」。

ヒカキンやはじめしゃちょーをばじめとするユーチューバーはそれ相応の機材を使用しています。

気軽にYouTubeに投稿できるからといって「スマホ」や「安いビデオカメラ」で動画投稿している人気ユーチューバーはいません。

本気でユーチューバーになりたい人ははっきりいって本気の機材を購入しなければなりません。

「まずは安いものから」

と考えているそこのあなた!

甘い、甘すぎる!!

人気ユーチューバーがどんな機材を使っているのか?

私自身もどのような機材を使用しているか?

またメリットやデメリットなど多種にわたって書いていきたいと思います。

有名YouTuberが使用しているか動画撮影機材の紹介

有名ユーチューバーの皆さんが使用している機材を調べました。

皆さんキレイな映像がその特徴ですが、全体的に、操作がしやすいビデオカメラの方が主流となっているようです。

くまみき

使用しているビデオカメラ:FDR-AX100(ソニー;ビデオカメラ)

瀬戸弘司

使用している機材:DMC-GH4H-K(パナソニック;一眼レフ)

はじめしゃちょー

使用している機材:EOS 80D(キヤノン;一眼レフ)

HIKAKIN

使用している機材:NEX-VG30H(ソニー;ビデオカメラ)

人気ユーチューバーの使用している機材の感想

もちろん全ての人が高価な機材を使用しているわけではありません。

しかし成功している人は少なからずそれ相応のビデオカメラ・一眼レフカメラで動画撮影しています。

理由は以下の点だと考えられます。

  • 4K(画質が綺麗)
  • ボケが効いている
  • 音質が良い

上記の点を満たすカメラは必然と高価になります。

では、ビデオカメラと一眼レフカメラのメリット・デメリットについて紹介します。

ビデオカメラ・一眼レフカメラ それぞれのメリットとデメリット

ユーチューバーが使用している撮影機材には2種類あります。

それは「ビデオカメラ」と「一眼レフカメラ」。

もちろん撮影だけならスマホやWebカメラでも十分。

しかし競争が激しくなった結果、トップユーチューバーのほとんどは高額な一眼レフやビデオカメラを用いて撮影を行っています。

では「ビデオカメラ」と「一眼レフカメラ」にどのような違いがあるのか紹介します。

ビデオカメラのメリットとデメリット

メリット デメリット
オートフォーカス性能が優れている 同じ価格帯で比較すると、一眼レフに画質が劣る
手ブレに強い ボケや深みのある映像が作りにくい
操作がカンタン 一眼レフより暗い場所での撮影に弱い
音質が良い  

一眼レフカメラのメリットとデメリット

メリット デメリット
ボケや深みのあるキレイな映像がビデオカメラより低価格で作れる オートフォーカス性能(早さ、正確さ)はビデオカメラより劣る
レンズ次第で多様な映像表現が可能 操作がビデオカメラより面倒
  手ブレに弱い
  外部マイクを用いないときれいな音が撮りにくい

有名ユーチューバーは一眼レフカメラを使用している印象があります。

なぜかはわかりませんが、最近の一眼レフカメラ画質が良く、ビデオカメラと遜色ない動画が撮影できるからでしょう。

ビデオカメラ「FDR-AX100(YouTuberではくまみき氏が使用)」と一眼レフカメラ「GH4(同じく瀬戸弘司氏、カズ氏が使用)」の画質比較映像ですが、どちらの機種も共にきれいな撮影が可能となっています。

おすすめビデオカメラと一眼レフカメラ

それでは最後に私が持っている機材とこれから購入予定の機材について紹介したいと思います。

言わずと知れた家庭用ビデオカメラの最上位機種。

4K動画の撮影ができ、暗部でもキレイに撮影できます。

また、音声の集音機能も抜群で小さな声まで拾うことができます。

ワイワイガヤガヤした場所ではデメリットかもしれませんが、音質はかなり良いです。

私が次回購入予定の一眼レフカメラはこれ。

最近の一眼レフカメラでも4K動画を撮影できるんです。

ISO感度AUTO設定(800-12800)で満足できる動画撮影が可能。
2400万画素で遠くの文字も見えます。

まとめ

人気ユーチューバーを目指して動画投稿している人でなかなか再生回数が上がらない人は上記に紹介したユーチューバーと同じカメラで撮影してみてください。