2018年6月までに収益化申請を完了予定

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

先日いくつか所有する中の1つのYouTubeチャンネルがめでなく収益化の条件をクリアしました。
審査期間約1週間程度ということで心待ちにしているのですが、気になる情報があります。

それはタイトルの通り「YouTube 収益化 審査 終わらない 長い 遅い 審査中」という単語の羅列。

実際に上記の画像ではこのような書き方がされています。

チャンネルは審査中です
おめでとうございます。過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者数が 1,000 人に達しました。現在、チャンネルが YouTube パートナー プログラムの利用規約とコミュニティ ガイドラインに準拠しているかどうかを審査しております。通常 1 週間以内に結果をメールでお知らせいたします。 

YouTube では現在、YouTube パートナー プログラムへのお申し込みの審査を進めております。保留中のお申し込みの審査は 6 月末までに完了する予定です。ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

今回は条件をクリアしたチャンネルはいつ収益化できるのかということについて書いていきます。

2017年11月 新規チャンネル 収益化一時停止

youtube

収益厳格化の第一弾として総視聴回数10,000回に達していないYouTubeチャンネルは収益化できなくなりました。
10,000回の視聴回数に達してようやく収益化審査の権利を得ることができます。

その後社会的に問題になったユーチューバーが原因で新規チャンネルの収益化審査が止まってしまいました。

この時点で

初心者ユーチューバー初心者ユーチューバー

お金!動画をアップロードするだけでお金がもらえる!!

と考えた人は完全に手遅れ。

動画撮影が好きでもない人がYouTubeでお金を稼ぐのは夢のまた夢になってしまいました。

2018年2月20日 収益厳格化

過去12ヶ月間の総再生時間数が4,000時間、チャンネル登録者数1,000人という新たな収益化条件が発動。

この収益厳格化によりYouTubeチャンネルの99%以上が収益化できなくなってしまいました。

ちなみにそのほとんどが1ドル未満と言われています。
収益受け取りの最低金額が8,000円。
ほとんどの人が永遠に受け取りできなくなったわけです。



2018年2月20日以降に条件をクリアしたYouTubeチャンネル

subscribe

2017年以降から続いている一連のYouTube収益化による審査が行われています。
しかしほとんどのYouTubeチャンネルが収益化申請が完了しないと言われています。

数ヶ月間、収益受け取り審査が終わらない状況が続いているわけです。

2018年6月末には収益化審査完了予定

ポンド

当初1週間とされていた審査が2018年4月の見込みと言われていました。
しかし5月になっても審査が終わらないチャンネルが多数。
「5月11日に2018年6月末までに完了」に変更になりました。

次は本当に6月まで審査終了するのではないかとさあさやかれています。

しかし文言を信じる以外に収益受け取りの審査が完了する根拠はありません。

個人的にも早く完了して欲しいのですが・・・

まとめ チャンネル登録者数1,000人はYouTubeチャンネルの上位何%か?

上位数%

YouTubeチャンネルの情報を分析するサイト、ソーシャルブレイドには世界中のYouTubeチャンネル2,100万ものチャンネルが登録されていると言われています。

その中でチャンネル登録者数1,000人(1,100人)は約250万位。
YouTubeチャンネルの上位11%にはいるんです。

チャンネルを作成しただけでやめた人もいるでしょう。
活用されているチャンネル数はわかりませんが、小さなチャンネルはsocialbladeに登録されていません。

なので実際は11%より上位にいると考えてもよいのです。

Googleにとってチャンネル登録者数1,000人をクリアしたチャンネルが多いのか?それとも少ないのかはわかりません。

とりあえずはこの基準で近々、収益受け取りのが再開されるでしょう。

しかし迷惑行為を行うユーチューバーがいなくても今後さらなる収益厳格化が行われる可能性もあります。

それまでにスキルやチャンネル力をアップさせることが必須です。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。